FC2ブログ
知的財産による理工系人材の地位向上の問題について考えます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的財産による文系の地位向上
本ブログは理工系人材の地位向上を主に述べているが、知的財産による文系の地位向上も重要である。

たとえば、文学部の人が創造的な作品を作っても、知的財産の保護がなければ地位が下がってしまう。

文学部でクリエイティブなことをしていた人が、食べていけなくなって銀行員など固い仕事に就いている例が多い。そういう人も、銀行員をやりつつ、バンド活動などをやっていたりする。

日本を本当に豊かな文化国家にするためには、バンド活動をやっている人も知的財産で保護されなければならない。クリエイティブな仕事ほど生計を立てるのが難しくなるのでは由々しき事態であろう。

スポンサーサイト

世界特許と日本
世界特許は、日本のためになるのですかという質問を受けた。

世界特許は世界のためになり、特に日本のためにもなる。

まず、世界特許は、各国での煩雑な手続を少なくし、優れた技術を開発した理工系が世界中で保護を受けられるようにし、技術の発展を通じて、世界人類に貢献する。

また、経済のグローバル化から、日本企業はグローバル市場での展開をますます求められる。しかし、日本企業が世界中で特許を取ることはお金がかかりすぎ、事実上困難である。

世界特許が実現すれば、日本企業は、グローバル市場での展開が有利になる。世界特許は、技術の発達した日本に、特に有利に働く。

Copyright © 知的財産による理工系人材の地位向上. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。