FC2ブログ
知的財産による理工系人材の地位向上の問題について考えます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ2とC型小惑星の探査
はやぶさ2の計画が問題になっているようだ。
はやぶさ2を実現させよう勝手にキャンペーン

はやぶさ2は、C型小惑星の探査をするようだ。小惑星には、S型小惑星、C型小惑星、D型小惑星
などがあるようだ。

S型小惑星、C型小惑星、D型小惑星などが、何に役に立つのかという疑問がわいてくるかもしれな
い。生活に密着した技術の方が、S型小惑星、C型小惑星、D型小惑星などより重要という考え方も
あるだろう。

しかし、はやぶさ、はやぶさ2に限らず、小惑星の探査技術を確立していき、新しい知見を蓄積
していくことは、様々な面で、人類の進歩にとって重要となると思われる。そのような新しい科
学技術の効果は大きいことが想像される。そのような科学技術の未来について、国民的な議論が
盛り上がっていくことが重要となるだろう。

また、はやぶさ2に限らず、研究開発の予算については、知的財産の視点が重要となるだろう。
小惑星の探査技術の研究開発や探査の実行により、人類にとって得られた新しい知見を知的財産
にして開発資金を作っていくことも必要となるだろう。

はやぶさ2に限らず、小惑星の探査技術の研究開発や探査の実行により、人類にとって新しい知
見が生まれることの効果は大きいのではないだろうか。はやぶさ2は議論が盛り上がってきてい
るようであるが、議論が盛り上がっていないが人類の進歩にとって重要な研究開発は多数あるだろう。

それらについて国民的な議論が盛り上がっていくことが重要となるだろう。
スポンサーサイト
Copyright © 知的財産による理工系人材の地位向上. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。