FC2ブログ
知的財産による理工系人材の地位向上の問題について考えます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税の増税の本当の原因はなにか?高齢化?
消費税が8%に増税されるようだ。なぜ消費税の増税が起こるのだろうか。消費税の増税は高齢化により起こるという考え方が多いようだ。

これに対し、消費税増税と知的財産政策に関係があると考える人は少ない。

しかし、知的財産政策が達成されていないことによる国力低下の負担が、消費税の増税の本当の原因ではないか?

消費税増税の本当の理由が高齢化のための財源不足であるとすると、なぜ法人税を減税するのか説明が難しい。

日本企業の競争力が足りなくなって法人税を下げないと国際競争が厳しくなったと考えると、なぜ消費税を増税するのに法人税を下げるかの説明がしやすいだろう。

しかし、法人税を下げれば問題が解決するのだろうか。根本的には、日本企業の競争力を上げなければ、世界の法人税の減税競争に巻き込まれてしまうのではないだろうか。

消費税に限らず税金を上げなければならない根本的な原因は、国の豊かさが十分でないことにあるだろう。

日本は天然資源に乏しいので、産油国のようにはいかないと思われるかもしれない。しかし、日本には天然資源はなくとも、優れた人的資源がある。

知的財産立国によりあふれるように富が生み出されれば、増税は必要ないのである。
スポンサーサイト
Copyright © 知的財産による理工系人材の地位向上. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。